シャープのSIMフリー端末【AQUAS】

日本に居ながらSHARPと聞いてご存知ない方はいないと思います。SHARPは正式にはシャープ株式会社で、1935年に設立され半世紀以上にわたり日本で活躍している会社です。本社は大阪にあり、「健康・環境システム」「ビジネスソリューション」「カメラモジュール」「電子デバイス」「エネルギーソリューション」「ディスプレイデバイス」「IoT通信」の7つの主要事業を展開しています。
SHARPと聞くと液晶テレビや空気清浄機のイメージを持つ方もいますが、携帯電話やタブレット端末、スマートフォンも製造・販売しています。スマートフォンにおいては、液晶テレビ分野で培った技術が取り入れられており、人気がある端末となっています。

 

SHARPの3つの特徴

SHARPの特徴1 SIMフリー端末が1万円台から買える

SHARPの特徴として、スマートフォンの種類が多いことがあります。SHARPではdocomo、au、Softbank等の大手キャリアと提携してスマートフォンを製造・販売していますが、、各社で販売しているスマートフォンのモデルは全て異なったシリーズとなっており、性能も若干異なっています。

多くのモデルが販売されている為、自分の用途にあったモデルを探すことができます。また、大手キャリア以外にもSIMフリー端末も製造・販売しているため、MVNO事業者を利用したいと考えている人でもSHARPのスマートフォンを使用することができます。
また、価格も1万円台の端末からあるため、安い端末をお探しの方にもお勧めです。日本の企業ですので、おサイフケータイ等を標準で搭載しているというところも海外ブランドとの大きな違いになります。

 

SHARPの特徴2 IGZOの技術を搭載しているSHARPのスマートフォンは液晶が非常にきれい

SHARPの二つ目の特徴として、研究開発体制にあります。次々と発売されるスマートフォン等の家電には常に最新の技術が取り込まれています。この技術を開発する為の研究機関を国内を始め世界各地に設置し、日々研究を行っています。国内においては、3拠点の研究所を所有しており、海外においてはアメリカを始め、イギリス、中国、マレーシア、インド等計8ヶ所の研究機関を設置しています。研究の成果は世界でも認められ、毎年多くの賞を受賞するほどです。

SHARPのスマートフォンにもその技術の成果が凝縮されています。液晶技術については特に優れていて、IGZOと呼ばれる独自の技術を持っています。このIGZOの技術を搭載しているSHARPのスマートフォンは液晶が非常にきれいな事で有名です。

また、一部端末にはエモパーと呼ばれる機能が搭載されています。このエモパー、iPhoneでいうSiriのようなもので、人口知能を搭載したアシスタントです。双方向での会話は行えないものの、ユーザのちょっとした動作に反応して、AIから声をかけてくれるというもので、利用者からの評判は上々です。

 

SHARPの特徴3 国産だからこその信頼と品質

三つ目の特徴は国産であるということです。SHARPは現在では親会社は台湾のホンハイという会社になっているものの、スマートフォン自体はSHARPが製造しており国産となります。日本の企業が手がける製品は品質が良く、SHARPのスマートフォンも国産という安心感を得られるのではないでしょうか。海外メーカー製のSIMフリースマートフォンも多く市場に出回っていますが、国産だからこその信頼と品質、さらにはサービスがあります。

最大の特徴は国産であるということです。国産だからこその安心感、そして信頼を得ることができます。やはり日本の技術は世界に誇れるものがあり、特にSHARPは液晶テレビで培った技術の多くをスマートフォンに搭載しています。また、日本独自のおサイフケータイ等の機能も標準で搭載しており、日本人にとってとても利便性が高い端末を提供してくれるのがSHARPです。

格安スマホ【motorola】SIMフリー端末/Moto Z、X、Gシリーズ

motorolaは日本のスマートフォン市場で「Moto Zシリーズ」、「Moto Xシリーズ」「Moto Gシリーズ」を主に製造・販売している会社です。この会社、パソコンやスマートフォンを製造しているlenovo(レノボ)の傘下企業です。

元々はアメリカの電子通信機器メーカーMOTOROLAという会社で、1928年に設立された歴史のある企業です。設立以降、トランシーバーや携帯電話等に使われる半導体事業を主軸として成長してきました。携帯電話が世の中に出回ってからは自社の半導体を使用した携帯電話を製造・販売し、アメリカで人気を集め、アメリカでも有数の携帯電話メーカーとなりました。その後2011年に、携帯電話事業のモトローラ・モビリティとその他事業を取り扱うモトローラ・ソリューションズに分社化され、モトローラ・モビリティはgoogleの傘下企業となりました。その後、googleからlenovoへと移り、現在に至ります。

 

motorolaの3つの特徴

motorolaの特徴1 デュアルSIMを搭載

motorolaの特徴として、まずデュアルSIMを搭載しているという事です。デュアルSIMとは、1つのスマートフォンでSIMカードを2枚使用することができる機能です。motorolaのスマートフォンの多くにはこのデュアルSIMが搭載されています。

デュアルSIMのメリットとしては、SIMカードを2枚まで使用できるため、プラン選択の幅が広がることです。例えば、格安SIMを取り扱うMVNO事業者の場合、データ通信料金は安く設定しているものの、大手キャリアに比べて通話に対するサービスレベルが低いです。具体的には大手キャリアでは24時間いつでも通話し放題で、通話時間に関わらず定額のプランが提供されています。

一方で格安SIMを取り扱うMVNOの多くは10分以内の通話に対する通話料金を無料にするサービスがほとんどです。毎日長時間の通話をする方にとっては通話料金が気になるところです。こういった場合等、デュアルSIMが搭載されていることで、通話のプランは大手キャリア等の通話時間に制限がないプランを選び、データ通信プランはMVNO事業者の様な低価格の会社と契約するといったことができます。

これにより、通話もデータ通信もお得に使うことができるのです。また、海外旅行等に良く行く方は、海外でスマートフォンを使用するために、旅行先で現地SIMと呼ばれるプリペイド式のSIMカードを借りることがあると思います。そういった場合であっても、デュアルSIMであれば、元々のSIMカードを挿したまま、現地SIMも使用することができるのです。

デュアルSIMでない場合は、都度SIMカードの差し替えをする必要があり、大変ですね。また、SIMカード自体非常に小さなもので、最悪の場合、現地で紛失してしまうなどという可能性もあります。デュアルSIMであれば、そのような心配事もなくなります。

 

motorolaの特徴2 Moto Modsコレクション

二つ目の特徴として、拡張性があります。motorolaでは「Moto Modsコレクション」というものを販売しています。これは、スマートフォンに+αの機能を付与できる製品です。例えばmoto gamepadという製品を使えば、ボタンやスティックコントローラーを使ってゲームができます。他にも360°パノラマ撮影のできる機器やスマートフォンをプロジェクターとして使用するための機器などもあります。Moto Zシリーズではこの機器を装着することができ、拡張性が大きく広がります。

 

motorolaの特徴3 1万円台から購入できる端末

三つ目の特長として、端末価格が安いことです。端末の種類により値段の幅はありますが、安いもので1万円台からの端末もあり、スマートフォンの購入費用を抑えたい人にはお勧めです。

 

motorolaの最大の特徴は何といっても拡張性です。スマートフォン本来の機能だけではなく、+αの機能を持たせることができるというのは他社にはない大きな特徴です。

格安スマホ【FUJITSU富士通】端末/ARROWSシリーズ

FUJITSU(富士通)は、言わずと知れた日本を代表する企業です。この会社は1935年に設立され以来日本の経済発展と共に成長してきました。1949年には東京証券取引所への上場を果たしています。恐らくFUJITSUの製品が置いていない家庭は無いと言える程に我々の身近なメーカーです。

FUJITSUではテクノロジーソリューション、ユビキタスソリューション、デバイスソリューションの3本柱を事業の中核として経営を行っています。テクノロジーソリューション部門では、ITシステムのコンサルティング業務やアプリケーションの開発データセンターの運営・管理等を行っています。デバイスソリューションでは電子部品の製造・販売や電池等の製造販売を行っています。

そして、ユビキタスソリューションではパソコンや携帯電話、スマートフォン・タブレットPC等の提供を行っています。神奈川県に本社を構え北海道から沖縄まで全国各地に拠点が点在します。中でもテクノロジーソリューションでの売り上げが6割を超えており、スマートフォン等のユビキタスソリューションは全体の2割の売り上げを誇っています。スマートフォンではARROWSシリーズを販売し、国内でも人気を集めています。

富士通FUJITSUの3つの特徴

富士通FUJITSUの特徴1 日本製のスマートフォン端末

FUJITSUの特徴としては、まず第一に国産製品であるということです。SIMフリースマートフォンの市場においては、ファーウェイやASUSのような海外メーカーの参画が注目を集めています。低価格で高パフォーマンスを売りとしている海外スマホに比べFUJITSUでは国産という品質を武器に販売しています。
やはり、海外産と聞くと品質に問題はないか等不安に思う方もいるかと思います。一方でFUJITSUは日本を代表する企業であり、財政基盤や技術も確かなものです。そのFUJITSUが手がけるARROWSシリーズのような国産スマホはやは安心と信頼がおけるのではないでしょうか。日本の最先端の技術が組み込まれており、防水や防塵等といった機能はもちろんのこと、日本独自のおサイフケータイ等にも対応しているというところは大きなメリットです。

 

富士通FUJITSUの特徴2 SIMフリー端末で格安スマホ

二つ目の特徴としては、SIMフリー端末であることです。最近では大手キャリアではなく、格安MVNO事業者と契約する方も増えていると思います。MVNOを利用するメリットとしては月額の利用料金が大手キャリアに比べて大幅に安くなることです。FUJITSUのスマートフォンはSIMフリー端末となっているため、MVNO事業者との契約が可能です。これにより、携帯代金を低く抑えることができます。

 

富士通FUJITSUの特徴3 国内を代表するグローバル企業

 

三つ目の特徴としては、日本を代表するグローバル企業であるということです。FUJITSUは日本はもちろんのこと、世界各地に拠点を構えるグローバル企業です。その数、実に100カ国以上に拠点を構え日々FUJITSUブランド製品を世界各地に届けています。また、技術研究への取り組みが盛んで毎年の売上高の5%程度を研究開発費に充てています。その成果が認められ毎年数々の賞を受賞しています。

FUJITSUの経営理念は「常に変革に挑戦し続け快適で安心できるネットワーク社会づくりに貢献し豊かで夢のある未来を世界中の人々に提供する」です。これを実現する為、新技術研究・開発に多額の投資を行っています。その成果がスマートフォンにも表現され、我々の手元に届き日本だけでなく、世界各地の生活を豊かにしてくれます。FUJITSUは国産ブランドであるという安心感・信頼が大きな特徴であり、日本独自のおサイフケータイ規格にも対応しています。国産ブランドを検討している方にとってはお勧めのメーカーです。

格安スマホ【ASUS】端末/ZenFoneシリーズ

ASUSは台湾に本社を置く、パソコン・スマートフォン等の電子機器メーカーです。この会社の読み方、アスースやアサス等様々に読めますが、正式にはエイスースと呼びます。

ASUSと聞くとパソコンのイメージが強い方もいると思います。ASUSは元々はパソコンのマザーボードを製造・販売する会社で、パソコン関連機器やパソコンを販売していました。マザーボード販売においては、業界でも最大手と謳われる程知名度も高い会社です。

日本においても多くの家電量販店等でASUSのパソコンを見かけると思います。どれも低価格帯で販売されており、人気があります。このASUS、1989年に設立されて以降パソコン関連機器で成長し、2014年には日本でSIMフリースマートフォンを本格的に発売しました。SIMフリー端末ではZenFoneシリーズがあり、その中でもコンセプトや機能によって複数の端末を販売しています。

 

ASUS特徴の3つの特徴

ASUSの特徴1 低価格で高品質のスマートフォン端末

ASUSの特徴としてまず、低価格で高品質のスマートフォンを提供しているという点です。端末の価格帯に幅はありますが、低価格帯のものであれば1万円台から購入する事ができ高価格であれば10万円程する端末もあります。スマートフォンを購入する消費者にとっての大きな悩みはやはり価格が大きいと思います。

どれだけ高額であっても数年後には型落ちとなり、最新機種に劣る性能、バッテリー劣化等が目立つようになります。大抵の人であれば2年〜数年周期でスマートフォンを買い替えていることもあり、低価格で高品質、つまりはコストパフォーマンスがより良い端末を選びたいものです。ASUSでは低価格帯であっても高品質の端末が揃っており、数年周期で乗り換える人にとってはコスト面で非常に非常に魅力的だと言えます。

 

ASUSの特徴2 豊富なラインナップ

二つ目の特徴としては、豊富なラインナップです。ASUSではZenFoneシリーズを販売していますが、このZenFoneシリーズの中でもZenFone3やZenFone5、ZenFone4等といった10以上のモデルが販売されており、各モデル毎にカラーバリエーションであったりメモリ容量といったバリエーションも豊富です。数えきれない程のラインナップから自分のニーズにあった端末を選ぶことができるというのは魅力的です。

 

ASUSの特徴3 SIMフリー端末

三つめの特徴は、SIMフリー端末である事です。ASUSの端末はSIMフリー端末となっているため、端末さえ用意すれば大手キャリアでもMVNO事業者でも自分の好きな所と契約することができます。また、ASUSの端末はMVNO事業者から購入することもできるため、端末価格を抑えるだけでなく、毎月の携帯電話料金も安くすることができます。

例えば、最新のiphoneであればはAppleストアもしくは大手キャリアを通してしか購入できません。Appleストアで購入した場合はSIMフリー端末端末を購入できますが高額の端末代金が発生します。大手キャリアで契約した場合は実質の端末代金は割引適用で安く購入する事ができますが、基本プラン等の月額料金が割高である為、結果的に支払額は高めになる傾向にあります。一方でASUSのSIMフリー端末の場合は端末そのものの価格が低めに設定されている上、MVNO事業者経由で購入できるので、端末価格・月額利用料共に低価格で利用することができます。

 

このようにASUSでは低価格帯のSIMフリー端末を多く取り揃えている事、さらにはMVNO事業者での販売も行われている事から、非常に安い料金で端末を購入することができます。また、SIMフリーであるため、MVNO事業者と契約することもでき、月額料金も安く抑えられるというメリットがあります。端末のパフォーマンスも良く、人気のメーカーです。月額料金を安く抑えたいという方にとってはとても魅力的なメーカーです。

格安スマホ端末【ZTE】ZTE BladeシリーズやZTE AXONシリーズが人気

ZTE(ゼットティーイー)は中国深センに本社を構え、スマートフォンを始めとした携帯端末や通信機器を提供するグローバルな企業です。この会社ではポケットwifi端末やSIMフリースマートフォンを中心として日本市場で販売しています。

SIMフリー端末では、ZTE BladeシリーズやZTE AXONシリーズが人気となっており、世界100カ国を超える国でZTE製品が販売されています。ZTEは1985年に設立されて以降徐々に成長し、現在ではグローバル企業となっています。

日本においても、2005年にZTEジャパン株式会社と呼ばれる日本法人を設立し、端末の提供を開始し、その後、NTTドコモやAU、ソフトバンク等の大手キャリア、さらにはMVNO事業者にも端末を提供しています。

 

ZTE特徴の3つの特徴

ZTEの特徴1 スマホシェアはアメリカ・ヨーロッパ全体で第4位の大企業

ZTEの特徴としては、まず一つ目に会社規模にあります。会社の規模としては中国でも最大手に属し、中国の証券取引所に上場する程の実績と信頼があります。世界的に見てもZTE製品は広く流通しており、アメリカでのスマートフォンシェアは第4位、ヨーロッパ全体では第4位を誇っています。

スマートフォンだけでなく、テレビ会議機器や監視カメラ機器など幅広く製品を取り扱っています。特にテレビ会議ベンダーとしてのZTEは世界に認められる程の技術が導入されており、ウェインハウス・リサーチによる報告では、世界トップ3に位置づけられているほどです。また、アジア太平洋地域でのテレビ会議市場ではシェア1位となっています。

 

ZTEの特徴2 R&D体制

二つ目の特徴としては、R&D体制にあります。R&Dとは自社の事業に関連する分野について、新技術の開発や既存技術の改良、新製品の開発などを行うことです。ZTEでは技術革新をすべく、毎年売上高の約10%をR&Dに投資して新技術の研究を行っています。

そのR&Dの拠点は中国だけに留まらず、アジアに始まり、北米、ヨーロッパ等に20ヶ所の研究開発センターを設立し、30,000人以上の研究者が次世代技術の研究を行っています。研究開発に注力していることもあり、常に最先端の技術を提供してきたZTE社の製品は世界160カ国500を超える主要通信事業者によって利用されています。市場に出回っているスマートフォン等にも常に最先端の技術を導入しています。

 

ZTEの特徴3 コストパフォーマンスの良い端末

三つ目の特徴はコストパフォーマンスの良い端末を提供しているということです。ZTEで発売しているSIMフリー端末は安いもので1万円台から購入できます。日本のSIMフリースマホとして人気が高い理由も、端末価格に対するパフォーマンスが想像以上に良いことがあげられます。iPhoneやその他大手キャリアで発売されているスマートフォンに比べ端末価格が圧倒的に安いです。

ただ、安いからといって品質が悪いわけではなく、先の通り多額の費用をかけて研究開発を行っている為、最先端の技術が端末に組み込まれており、パフォーマンスも価格以上のものとなります。また、多くのMVNO事業者と提携しているため、格安SIMと呼ばれるMVNO事業者経由で端末を購入することができ、端末価格が安いだけではなく、スマートフォンの月額利用料金も抑えることができるというメリットもあります。最新技術を格安の料金で使用することができるということです。

 

 

ZTEでは世界各地に設置されているR&D施設で最先端技術の研究開発が日々行われています。発売される端末にはその研究成果が組み込まれており、常に進化しています。近年では世界各地でスマートフォンや通信機器を販売するほどのグローバルな企業となっており、企業の評価・人気はますます高まっています。

また、CSR活動にも熱心に取り組んでおり、各救援活動や基金活動にも注力、企業利益だけではなく社会的責任もしっかりと果たしています。

格安スマホ【HUAWEI】端末/Pシリーズ、Gシリーズ、novaシリーズ、Mateシリーズ等が人気

HUAWEI(ファーウェイ)は中国の電子通信機器のメーカーです。ファーウェイと聞くと、SIMフリー端末を思い浮かべる方は多いと思います。スマートフォン端末では、HUAWEI Pシリーズを始め、Gシリーズ、novaシリーズ、Mateシリーズ等、ユーザーのニーズに応えられる豊富な商品ラインナップとなっています。

HUAWEIはスマートフォンで有名ですが、実はスマートフォン以外にもタブレットPCやwifi通信機器も販売しています。タブレットPCのMediaPadシリーズやモバイルwifiルーターのSpeed Wi-Fi NEXTシリーズです。

この会社、1987年に携帯電話のインフラを整備するための機器を開発する企業として設立されました。以降徐々に事業を拡大していき、現在では世界170ヵ国以上でサービスや商品を提供しています。日本においても2005年に日本法人であるファーウェイ・ジャパンを設立しています。

 

HUAWEIファーウェイの3つの特徴

HUAWEIファーウェイの特徴1 世界規模の企業

ファーウェイの特徴として、まず世界規模の企業である事が挙げられます。ファーウェイ本社の従業員数は18万人以上で、規模の大きさが伺えます。また、アジアやヨーロッパを中心として、世界170以上の国で製品・サービスを提供しており、世界規模で活躍するグローバル企業と言えます。

通信関連機器のシェアは世界第2位、内、ブロードバンド製品や光ネットワーク製品部門では世界第1位のシェアを誇っています。米国のビジネス誌である「ファストカンパニー誌」による世界で最も革新的な企業ランキングにおいて上位に選出された事もあり、世界でも認められている会社です。スマートフォン市場においては、出荷台数世界第3位を記録しているほどです。

 

HUAWEIファーウェイの特徴2 ICTの先端技術研究

ファーウェイの二つ目の特徴として、ICTの先端技術研究を行っている事が挙げられます。ICTとはコンピューター技術の活用という意味で、コンピューターテクノロジーを最大限に活用する為の研究を行っています。

ファーウェイではこのICT技術研究に力を入れており、日本、アメリカ、ドイツ、スウェーデン、イギリス、フランス、ロシア、インド、中国で計16の研究開発センターでの研究と36のイノベーションセンターでイノベーターとの協業を行っています。ファーウェイでは「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」をビジョンに掲げ、毎年多くの費用をつぎ込み最先端の技術を研究しています。

 

HUAWEIファーウェイの特徴3 CSR活動への取り組み

三つ目の特徴はCSR活動への取り組みです。CSRとは「社会的責任」を意味する言葉で、会社が社会にどのように貢献していくか、どんな活動をもって社会へ貢献していくかということで、ファーウェイはこのCSRへの取り組みに非常に熱心です。

ファーウェイではサステナビリティへの取り組みを通して、社会貢献を果たすための努力をしています。サステナビリティとは「持続可能性」を意味し、「企業が利益を上げて将来も製品・サービスを共有し続けられる可能性を持っている」ことを言います。

持続可能性を持つことで、結果的に、将来に渡り環境面・社会面等で社会へ貢献するという取り組みを継続して行っていくというものです。環境への取り組みとしては、中古携帯電話の再利用を行ったり、技術提供により二酸化炭素排出量を減少させたりといった社会貢献をしています。こういった取り組みが認められて、世界中からサステナビリティ関連受賞をしています。

 

 

HUAWEI

ファーウェイは世界的な規模で活躍するグローバル企業であり、通信事業では世界有数のトップ企業となっています。また、日々最新の技術を研究することで、通信技術を通して人々の生活を豊かにすることを目標として活動をしているすばらしい会社です。サステナビリティを通じて社会へ貢献していくという姿勢がファーウェイの製品にも込められています。

HUAWEIファーウェイの端末がセット購入できるMVNO

https://strongpoint-ch.com/rakutenmobile/

楽天モバイル 機種

https://strongpoint-ch.com/uqmobile/

UQモバイル 機種

https://strongpoint-ch.com/dmmmobile/

DMMモバイル 機種

https://strongpoint-ch.com/linemobile/

LINEモバイル 機種

https://strongpoint-ch.com/qtmobile/

QTモバイル 機種

https://strongpoint-ch.com/iijmio/

みおふぉん 機種

【BIGLOBEビッグローブ】WiMAXの詳細/キャンペーン

ビッグローブ 機種

https://strongpoint-ch.com/ocnmobile/

OCNモバイル 機種

https://strongpoint-ch.com/libmo/

LIBMO 機種

【格安スマホ】おすすめ会社2017/厳選13選

この記事では人気の格安スマホMVNOの記事をご紹介しています。

「格安スマホに替えたいけどどこが良いか分からない」
「人気の格安スマホはどこだろう」

このような方の参考になれば幸いです。

乗り換えの方におすすめの格安スマホ

【ドコモ系】格安スマホSIM/おすすめのMVNOはココだ!

【AU系】人気の格安SIMはココだ!/MVNO

【格安スマホ】おすすめ会社2017/厳選13選

楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天株式会社が提供しているMVNOモバイル通信サービスで、格安SIMサービスのひとつです。格安SIMサービスも数が増えつつありますが、楽天モバイルには、楽天が提供しているからこそのお得なメリットがたくさんあります。

これから格安SIMに乗り換えようと思っている方、どの格安SIMを選べばいいのか迷っている方のために、以下では楽天モバイルの特徴と、楽天モバイルに乗り換えるべき人について解説したいと思います。

⇒続きはコチラ 楽天モバイル3つの特徴

楽天モバイル【キャンペーン情報】2018年3月「楽天スーパーSALE」、「セット販売端末おトクなタイムセール」

UQモバイル

UQモバイルは大手通信会社のauの100%子会社の有名な格安SIMを提供しているMVNOです。
主に魅力的に公開しているのは「電話も通信もコミコミ」で通話は毎日するし、SNSやネット検索もよくするという方にとても使い勝手の良い通信会社で、シンプルな2つのぷらんが設定sれており、共に好みのデータ量の選択が可能で、より低価格を幅広い層に向けて発信した魅力的なMVNOです。 

データ通信には、auの通信網を利用できるので、もちろん4GLTEにも対応、データ通信速度も高いと評判でもあり、「格安SIMサービス顧客満足度第一位」を獲得しているとても説得力のあるUQモバイル。
ぜひ大手通信会社を利用している方なら、今と同じ内容でよりあなたにあった低価格を実現してくれますので、大変おすすめな格安SIM会社になります。

⇒続きはコチラ UQモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【UQモバイル】2018年3月のキャンペーン

U-mobile

U-mobileとは株式会社U-NEXTという東証一部上場企業が提供する格安SIMによるサービスを提供している会社です。実はこの会社、元々はあのUSENの一事業部だったのですが、企業として独立し、エンターテイメントに関わるオンデマンドサービスを主軸として展開しています。

U-NEXTと聞くとご存知の方もいるのではないかと思いますが、日本最大級の動画配信サービス提供会社です。ですので、U-mobileは格安SIMとエンターテイメントを融合したサービスを提供しているのが大きな特徴です。

⇒続きはコチラ U-mobile3つの特徴

格安スマホSIM【U-mobileユーモバイル】2018年3月のキャンペーン/LTE使い放題プラン・料金・契約申し込み

DMMモバイル

DMMモバイルは、株式会社DMM.comが提供している格安SIMサービスです。DMMというと聞き覚えのある方もいるかと思いますが、全国CMを放映している会社です。格安SIMだけではなく、電子書籍やDVDのレンタルサービス、英会話等と幅広いジャンルでさまざまなサービスを提供しています。

⇒続きはコチラ DMMモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【DMMモバイル】キャンペーン情報/2018年2月

LINEモバイル

LINEモバイルはあの日本大手企業に最近なったLINEが提供するMVNOです。格安SIMや格安通信業者は最近有名ですよね。そうなんです!LINEモバイルが参入し、格安SIMを導入したことで、この業界はまた一層激化しております。なぜか、それは日本人の人口が1億人に対してソーシャルアプリ「LINE」を利用している人口が約半分の5000千万人と言われており、このLINEモバイルはLINEのデータ通信量が無制限で利用できるのです。なので、格安MVNO業界は大変激化しているのです。
その中で、LINEモバイルは格安での通信データの提供と様々な特徴のデータ通信プランを完備しており、LINEやTwitter、Facebookなどのソーシャルアプリのデータ通信量が無制限に利用できるプランが一番の魅力です。

⇒続きはコチラ LINEモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【LINEモバイル】2018年3月/キャンペーン・料金・特徴

QTモバイル

QTモバイルは株式会社QTnetという会社が運営している格安SIMの取り扱い企業です。母体は九州電力株式会社で、地元を中心として、情報通信サービスに力を入れてきました。モバイルサービスの提供を開始したのは2017年の3月からと、まだ日が浅いですが、基盤のしっかりしている電力会社を後ろ盾にユーザニーズに柔軟に答えられるようなプランを提供しています。

⇒続きはコチラ QTモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【QTモバイル】キャンペーン最新情報2018年3月/スタート割・おともだち紹介キャンペーン

みおふぉん

みおふぉんは株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMサービスです。この株式会社インターネットイニシアティブは1992年の設立以来、インターネット通信事業を主軸としてサービスを提供しており、2006年に東京証券取引所一部上場を果たしている信頼のある会社です。この会社で提供しているみおふぉん、格安SIMアワードと呼ばれる格安SIMサービスを対象とした顧客による満足度調査で、2016年度に「総合満足度部門」、「ブランドイメージ部門」、「プリペイドSIM部門」で最優秀の評価を受けた実績があります。

また、2015年度も同アワードで「総合満足度部門」1位を獲得しており、利用ユーザからの満足度は非常に高く、高品質なサービスを提供しています。

⇒続きはコチラ みおふぉん3つの特徴

格安スマホSIM【みおふぉん】キャンペーン/2018年3月

ビッグローブモバイル

BIGLOBEモバイルはビッグローブ株式会社が提供する格安SIMサービスです。GIGLOBEと聞くとプロバイダ事業として有名だと思いますが、MVNO事業にも参画しており、高品質のサービスを提供しています。KDDIグループということもあり、安心できるMVNO事業者です。

2017年に入り、「国内MVNO利用状況調査」ではお客様総合満足度トップに輝き、「MVNO格安SIMの市場動向調査」ではデータ通信の品質・安定性で2年連続の満足度トップとなっています。こういったことからも高品質のサービスを提供していて、満足度も高い事が伺えます。

⇒続きはコチラ ビッグローブモバイル3つの特徴

【BIGLOBEビッグローブ】WiMAXの詳細/キャンペーン

OCNモバイル

OCNモバイルは言わずと知れたNTTコミュニケーションズが提供している格安SIMサービスです。OCNはNTTグループ企業としてインターネットプロバイダ事業を長年にわたり運営しており、国内では最大規模です。そのOCNがモバイル端末向けの格安SIMサービスをOCNモバイルとしてサービス提供しています。母体がNTTということもあり、安心・安全・高品質なサービスを受ける事ができます。

⇒続きはコチラ OCN3つの特徴

格安スマホ【OCNモバイル】キャンペーン

イオンモバイル

イオンモバイルは、言わずと知れたイオンリテール株式会社が提供している格安SIMサービスです。イオンの店舗は全国各地に展開しており、各店舗でサポートを受けたりすることもできます。2017年上半期の格安SIMアワードではコストパフォーマンス部門で優秀賞を受賞しており、価格を重視したサービス提供を行っています。現在では端末の貸し出しサービスとして、スマートフォンを1週間貸し出し、操作性を判断してもらう為のサービス等も開始ており、通信速度やパフォーマンスを契約前に確認することができます。

⇒続きはコチラ イオンモバイル3つの特徴

格安スマホSIM【イオンモバイル】キャンペーン最新情報/2018年3月

TONEモバイル

TONEモバイルはTSUTAYAが提供している格安モバイルサービスのことです。TSUTAYAと聞くとレンタルショップを思い浮かべると思いますが、そのTSUTAYAがサービスを提供しています。主なターゲットは子供やシニア世代としています。

他の格安SIM会社は支払料金に対する通信速度や通信料を売りにしてスマートフォンコアユーザをターゲットとして提供しています。一方でTONEモバイルは安全性やサポートを売りにして子供やシニア層をターゲットとしたサービスを提供しています。

⇒続きはコチラ TONEモバイル3つの特徴

TSUTAYAツタヤの格安スマホ【TONEモバイル】

スマモバ

スマモバはスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社という所が提供している、格安SIMサービスです。この会社、平成19年に設立されて以降、約10年に渡り通信事業を行っています。2016年以降は特に実店舗を多く展開しており、WEBだけでなく店頭でのサポートを受けられる等、勢いのあるmvno会社です。

⇒続きはコチラ スマモバ3つの特徴

【スマモバ】格安スマホ・SIM/キャンペーン

LIBMO

LIBMOは株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。このTOKAIコミュニケーションズはTOKAIホールディングスのグループ会社で、同グループには東海ガスもいます。

社会インフラを整備する程のグループともあってTOKAIコミュニケーションズの歴史も古く、昭和の時代には前身の会社が設立されています。資本金も12億と規模としては大手ですので、しっかりとした財政基盤を持ち安心・安全のサービスを提供してくれる会社です。

⇒続きはコチラ LIBMO3つの特徴

【LIBMO】格安スマホ・SIM/キャンペーン

【LIBMO】格安スマホ・SIM/キャンペーン

LIBMOは株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。このTOKAIコミュニケーションズはTOKAIホールディングスのグループ会社で、同グループには東海ガスもいます。

社会インフラを整備する程のグループともあってTOKAIコミュニケーションズの歴史も古く、昭和の時代には前身の会社が設立されています。資本金も12億と規模としては大手ですので、しっかりとした財政基盤を持ち安心・安全のサービスを提供してくれる会社です。

 

LIBMOの3つの特長

LIBMOの特徴1 料金プラン

LIBMOの特長としてはまず料金プランです。データSIM・データSIM(SNS有り)・通話SIM共に4プランずつ用意されています。それぞれ3ギガ、6ギガ、10ギガとライトプランです。ライトプランは低速通信のみとなるため、動画や音楽再生等の大量データ通信は行わず、メール程度を利用するかたにお勧めです。

 

また、データ容量が不足した場合は月に5回までチャージが可能で、チャージ容量も100メガ(200円)、1ギガ(1,000円)から選べる為、利用者のニーズに合わせてデータ容量の買い増しができます。さらにデータシェアオプションというものが用意されており、これは契約したデータ容量を最大3枚のSIMでシェアすることができるといったオプションです。家族揃ってLIBMOにした場合等は家族で大容量を分け合うことで、無駄なくデータを利用することができます。

 

LIBMOの特徴2 端末レンタルサービス

二つ目の特長は端末レンタルサービス「かりスマ」です。これは、毎月使用料を払って端末を借りることができるサービスです。このサービスを利用することで、端末を購入する必要がなくなります。また、レンタルの最低利用期間は6ヶ月と短いため、6ヶ月を過ぎたタイミングで別の新機種をレンタルするこもできます。2年ローンで端末を買った場合はなかなか機種変更できないという悩みもあるかと思いますが、レンタルサービスを利用することで解消されます。

端末のレンタル料金も低めに設定されていて、月額端末利用料1,500円程度(iPhone6の場合)で借りることができます。さらに、かりスマキャンペーンというものが適用でき、これにより最初の6ヶ月は400円割引されます。安く端末がレンタルでき、6ヶ月毎に機種変更ができるという大きなメリットがあるのが特長です。

 

LIBMOの特徴3 独自のオプションが充実

三つ目の特長はオプションが充実していることです。まず、通話オプションでは、10分かけ放題と通話パック30というオプションがあります。

10分かけ放題は月額850円で10分以内の通話が無料になるオプションです。

通話パック30は月額880円で月間1,200円分の無料通話が利用できるオプションです。さらに今ならお電話応援プログラムというキャンペーンを実施しており、10分かけ放題オプションの月額利用料が1年間550円割引で、実質300円/月で利用できます。

 

次に、TOKAI SAFEオプションというものですが、これは月額400円でパソコンやスマホ等の端末計6台までセキュリティ対策を施せるというオプションです。このオプションではウィルス対策ができる他、デバイスの位置情報をリアルタイムで確認することもできる為、お子様の居場所を確認したり、端末紛失時に場所を特定することができます。

 

また、ペアレンタルコントロール(保護者機能)という機能があり、これにより使用できるアプリや閲覧できるウェブサイトの制限をしたり、使用時間を設定することもでき、お子様のスマホ使い過ぎ防止にも役立てることができます。

 

LIBMOをおすすめしたい方

LIBMOは6ヶ月という短い期間で別の端末に交換することができ、レンタル料金も端末購入に比べて低く抑えられる為、定期的に端末を変えて使用したいという方にお勧めです。また、アプリ・WEBページや使用時間の制限が行えるため、スマホを所有するお子様をお持ちの方にもお勧めです。

【スマモバ】格安スマホ・SIM/キャンペーン

スマモバはスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社という所が提供している、格安SIMサービスです。この会社、平成19年に設立されて以降、約10年に渡り通信事業を行っています。2016年以降は特に実店舗を多く展開しており、WEBだけでなく店頭でのサポートを受けられる等、勢いのあるmvno会社です。

 

スマモバの3つの特徴

スマモバの特徴1 ドコモ回線のmvno、さらにソフトバンク端末もSIMロック解除ナシでOK

スマモバの特長としてまず一つ目に、安心のドコモ回線を利用しているという事です。スマモバはmvno業者ですので、大手キャリアからデータ通信網を借りています。借り先がドコモである為、回線網の品質がよく、対応エリアも広いです。また、mvnoでは珍しいソフトバンクショップ回線の取り扱いもあります。ですので、ソフトバンクで購入した端末であっても、SIMロック解除をする必要なく、格安SIMで利用できるようになるのです。

 

スマモバの特徴2 他社にはない変わったプラン

二つ目の特長は他社にないような変わったプランを提供している事です。通常プランとして、1ギガ、5ギガと大容量25ギガのプランが提供されていますが、特殊なプランとして、プレミアムプラン、ナイトプラン、シンプルバリューというプランがあります。

 

まず、プレミアムプランですが、これは平日の深夜1時から夕方17時までの間であれば、高速データ通信が使い放題のプランです。該当の時間帯以外は128kbpsの速度で使い放題となります。このプランは主に平日の昼にデータを使う人向けに用意されたプランで、学生やサラリーマンにお勧めです。通話SIMの場合でも2,980円で使用できます。

 

次にナイトプランですが、こちらは平日に限らず365日、深夜1時から朝9時までの間高速通信が使い放題のプランです。夜勤が多い人や生活スタイルが夜型の人にお勧めのプランですプレミアムプランと違って休日も使い放題は嬉しいサービスです。通話SIMで2,480円という料金で利用できるのも特長です。

 

最後にシンプルバリュープランですが、これは格安(低速通信のみを提供することで低価格でのサービス提供)・安心(メール・SNS・通話等基本的な機能あり)・安全(アプリで有害サイトから子供を守れる)を備えたプランです。月額料金は1,980円〜となっており、この価格に端末代金も含まれているのでとても安いプランです。

 

さらに、スマモバでは24時間365日LTE使い放題プランがあります。しかも月額料金3,480円で利用可能です。他のmvnoと比べても断然の安さです。当然他社で提供している通話無料サービスもあります。月額850円で10分以内の通話が無料となるので、データ通信をたくさん行う人だけでなく、通話が多い人にもお勧めします。データ容量無制限に10分以内通話無料が含まれて4,330円で契約することができるのです。

 

スマモバの特徴3 スマホだけではなくタブレット端末も取り扱いのmvno

三つ目の特長としては、端末セット販売です。端末をセットで販売しているmvnoは多くありますが、スマモバではスマートフォンだけでなく、タブレット端末やモバイルルーターもセットで販売しています。

また、端末+モバイルルーターセット等のように複数セットでの購入もできるようになっています。毎月の請求額から端末やルーター代が均等に請求される為、一時的な出費ともならず、家計にも優しいですね。さらに、スマモバではApple製品の取り扱いもあります。iphoneSEやiphone6、iPadもセットで購入できるため、アップル製品ユーザにとっては格安SIMを契約しながらApple製品を購入できるメリットがあります。

 

スマモバはこんな方におすすめ

スマモバは特にデータ通信量を気にせず使用したいという方にお勧めします。LTE使い放題プランを契約することで、データを無制限に使用することができます。動画や音楽、ゲーム等データ量を気にせず利用でき、且つ定額という安心感は嬉しいですね。また、高速通信を必要とせず、最低限の機能が欲しいという方にはシンプルバリュープランをお勧めします。最低限の機能が利用でき、月々1,980~の料金プランは非常にお得なサービスです。

【QTモバイル】11月のキャンペーン/川口春奈のCMでお馴染みの格安スマホ

QTモバイルは株式会社QTnetという会社が運営している格安SIMの取り扱い企業です。母体は九州電力株式会社で、地元を中心として、情報通信サービスに力を入れてきました。モバイルサービスの提供を開始したのは2017年の3月からと、まだ日が浅いですが、基盤のしっかりしている電力会社を後ろ盾にユーザニーズに柔軟に答えられるようなプランを提供しています。

QTモバイル BBIQ

1年間(13か月目まで)全プランの月額料金を割引
キャンペーン⇒【公式サイト】QTモバイル キャンペーン情報

QTモバイル 女優 川口春奈の人気CM

QTモバイル3つの特徴

QTモバイルの特徴1 多彩なプラン

QTモバイルの特徴としては、まず料金プランにあります。例えば通話もできるコースであれば、データ容量が3ギガ、6ギガ、10ギガ、20ギガ、30ギガと多彩なプランから選ぶことができます。現在はキャンペーン中であり、データ容量1ギガプランであれば、13ヶ月目まで890円で使用できます。

また、30ギガプランであっても割引適用で13ヶ月目まで6,690円で使用でるという安さです。さらにデータが不足した場合にはデータ容量追加も行うことができ、自分のデータ使用量に合わせて希望の料金プランが見つかることでしょう。

通話プランだけではなく、データ通信のみの料金プランも同データ容量で取り扱っており、通話SIM・データSIM共に豊富なプランが特徴です。通信回線もドコモ回線とAU回線の2回線を扱っており、ユーザニーズに合わせて選べるというところもお勧めです。

 

QTモバイルの特徴2 充実したオプションサービス

二つ目の特徴としては、オプションサービスが充実している事です。国内通話5分以内のかけ放題プランは月額850円で利用でき、電話での相談、端末紛失時の遠隔でのロックや遠隔サポート、さらには連絡帳等のバックアップサービスもあり、こちらは月額300円で利用できます。

QTモバイル専用のアプリを利用することで、高速通信・低速通信の切り替えを行うことができ、データ容量の節約に繋げられます。さらには「スマホファミリーサポート」では子供を守るためのサービスが取り揃えられています。子供の位置情報を把握したり、。使用できるアプリの設定、さらには利用可能時間まで登録することができるのです。

 

また、遠隔操作でスマートフォンにロックをかけたりといった子供を守るサービスが充実しているのも特徴です。そしてオプションサービスでもっとも特徴的なものが「端末保障サービス(ワイド)」です。このサービスでは、QTモバイル以外で購入した端末の故障も保障され、さらには1契約で5台までの端末を保障の対象とできます。複数台端末を使用している方にとってはとてもおすすめできるサービスです。

 

QTモバイルの特徴3 豊富な販売取扱端末

三つ目の特徴は端末とのセット購入です。QTモバイルでは格安SIMと端末のセット販売を行っており、このセット販売で選べる端末の種類がとても多いです。人気のarrowsやHUAWEI、タブレットの取り扱いもあります。さらにはiphone6sまで購入することができます。

端末購入代金も1回払いだけではなく、24回の分割払いとすることもでき、月々均等払いとすることで、支払いの負担を和らげることができます。端末セットだけではなく、光回線とセットで申し込みをすると、キャッシュバックを受けることができるという特典もあります。

 

QTモバイルをおすすめしたい方

QTモバイルは、オプションサービスを重視する方、スマホを子供に持たせたいと思っている方にお勧めします。

なんといってもオプションサービスが手厚いというのがQTモバイルの特徴であり、特に子供向けのサービスは充実しています。小学生くらいのお子様にスマートフォンを持たせる家庭が増えてきていますが、アプリの制限や時間帯を設定できる事はお子様にスマートフォンを持たせる上で安心できるサービスではないでしょうか。

 

また、スマートフォンをが壊れたときのサービスも手厚く、家族そろってQTモバイルにすれば、すべての端末を保障対象とすることもできます。保障の手厚さを重視する方にとってはお勧めできる会社です。

 

QTモバイル BBIQ

1年間(13か月目まで)全プランの月額料金を割引
キャンペーン⇒【公式サイト】QTモバイル キャンペーン情報